インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法 著ジョン・C・ボーグル

両学長リベラルアーツ大学 https://liberaluni.com/ でのオススメ書籍にあります、

を読んだのでその感想を。

一言で言えば、

インデックス投資最強!!

歴史や様々な著名人の発言からインデックス投資がいかにすさまじいかと、そのために必要なことを書かれています。

とはいえ、その歴史である数字的根拠は正直よくわからない!のが本音です。

もうすごいと思っとけばいいのかな(笑)

そしてそのインデックス投資における最重要ポイント、それは

一切のコストを排除すること

取引手数料、信託報酬、あるいはアドバイザー…そういった諸々のコストをどこまでも削減することが、インデックス投資におけるもっとも重要なポイントであることを語っています。

これは実際に投資を始めると本当に実感していきます。これを実感しないと投資の利益がほぼ出なくなります。投資の意味がなくなるくらいに危険です。

今は取引手数料無料、信託報酬0.1%が普通にあります。それも世界的に見て超有料ファンドで!

一方、よくわからないファンドが信託報酬3%なんてのもあります。インデックス投資の年利が平均5%程度だとすれば半分以上持っていかれる計算です。これに税金も引かれます。こういったファンドは取引手数料も高いので、下手をしなくても利益0にもなりかねません。

本の内容としては、ひたすらインデックス投資の有用性を語り続けるものなので途中飽きたところもありますが、インデックス投資への刷り込みという意味ではよかったかなと(笑)

コメントを残す