鴨頭嘉人講演会の異常なまでの承認の意味

私は先日、鴨頭嘉人さんの講演会に行きました。

そこで、異常とまで感じた「いいね!」や会場の雰囲気。まるで神が舞い降りたかのような出迎え。宗教と言われれば、一般の方々はそう思うでしょう。

しかし その理由がこの動画にありました。

その理由は、

圧倒的なまでの承認を鴨頭嘉人に与え、そのパフォーマンスを最大限に高めることだったと。

確かにあれだけの歓迎を受け、自らの言動全てを肯定される環境下であれば、それが当人にとってどれほど良い影響になるのか、想像もつかないほどでしょう。

社員やボランティアの皆さんがとにかく盛り上げてくれと、そう言っていた意味も分かりました。

沈んだ環境でいいパフォーマンスができるわけがない、その全てが 鴨頭嘉人一人に最高の講演をしてもらう、そのためだったのでした。

一切の否定が無く、全て承認された状態で人はどんなことができるのか、その結果があの講演会だとすれば、その承認のすごさは想像もつきません。

講演会から数日たちましたが、あの異常なまでの盛り上がり、承認の意味を今になって理解しました。

承認の大事さを知った今、私はこれから誰かをとにかく承認していきます。

自分のことも承認します。それと同等か、それ以上に承認します。

根拠はありません。

保証なんてしません。

でも承認します。

それがあの講演会でもありました。できるかどうかなんて関係ない。

ただ承認するんだと。

承認の輪を、広げていきます。

コメントを残す