格安SIMを一月使ってみた ここまで安いか!

※この記事は2020年11月2日時点のものであり、2020年2月以降プランが変更されているため、ここに載っている通りではありません。

auからLINEモバイルに変えてみて一月経ちました。

その実感としては…

特に何も変わらない。

では私の使用状況を見ていきましょう。

契約プラン

現在の私の契約プランです。

最安プランの1GBプランの契約のみです。

他、一切のオプションを付けていません。

はっきり言って、何の不自由もありません。

端末保証もありませんが、私はスマホ自体は安価なものしか使いませんし、携帯から数えて10数年、端末を壊したり破損させたことはただの一度たりともありません。

保険のような端末保証は私には不要です。

データ残量

これは知らなかったのですが、どうやらLINEモバイルは余ったデータ残量は繰り越せるようです。

で、実際には11月から使い始めてまして、12月分はほぼ11月分の余りだけで終了。

12月分がほぼまるまる余って、今月分と合わさり1GB契約なのに2GB使える状態になってます。

そもそも私は外出先ではデータ通信はLINEかGoogleMapしか使いません。

大容量となる動画は外では見ませんので、このデータ量でも十分です。

ちなみに家では光回線契約、Wifiを飛ばしております。

料金明細

これが12月に支払う金額。

契約初月ということもあり、手数料が追加されてますが今後もかかるプラン料金は

¥1,200

これまでのau料金が、2年縛りや端末代無し、オプションも削っても4000強だったことからすると、

超絶安い!

それでいて使い勝手は変わらないので、戻すなんていうことはあり得ませんね!

ではこの料金にするにはどうすればいいのか、それを次にお話しします。

スマホの使い方

音声通話

ほぼ使いません。

まぁ当然ですね。

通話したければLINE通話。

LINE通話ができない公共料金等の契約も可能な限りネットで行い、それができない場合のみ電話を使う。

これで音声通話にかかる料金は¥0にできます。

データ通信

この場合、まず大前提があります。

固定回線の契約をしていること

これがなくては話になりません。

これがあるからこそ、このプランでいけるので。

なので、家では自由にデータ通信を行っています。

家で事前に音楽や本のダウンロードを行い、外ではそれを鑑賞するだけ。

外出先でデータ通信を行う場合、前述したようにLINEとGoogleMapしか使わない。

このようにすれば、データ通信は余裕で1GB以下に抑えられます。

☆おまけ 固定回線料金

いくらスマホ料金があっても固定回線契約をしていたら…という方もいるでしょうが、私の固定回線の月額料金はこれです。

NTT東日本ご利用料金 12月分¥3,828

これとスマホ料金合わせても5000強です。

さらにスマホと違い、どんなにデータを使おうがデータ通信制限は発生しません。

1日で10GB使おうが何の問題もありません。

一月で1GBしか使えない…いかにデータ通信を抑えようかとやりくりしているように見えて、実際はバンバンデータ通信してます。

私のPCのデータ使用状況です。

1日10GB弱使ってますね。

どんだけ動画見てるんだってところです(笑)

まとめ

以上、LINEモバイルを一月使ってみた結果でした。

使い方と、周りの環境でいくらでも安くできます。

以前の私はスマホと固定回線のネット料金\10,000を超えていました。

今はその半額、でも使い心地は変わっていません。

一気に安くできる格安SIM。

使ってみることをオススメします!

コメントを残す