「外食」が食べすぎを抑える秘訣だった!

こちらの動画を観ていて、ふとあるフレーズが気になりました。

それは

「外食とはエンターテイメントである!」

これを聞いたとき、私はあることが頭をよぎりました。

「何故、外食では1人前で十分満足できるのに、自炊だと2人前以上食べないと満足できないのか」

これは長年私が疑問に思っていたことでした。

この答えがここにあったのです。

外食と自炊では満足度のありかたが違う

私は、自炊をするとついつい2人前以上を食べてしまいます。

インスタントラーメンなら2袋開けるのは当たり前。

うどんは3玉入れるときもあります。

食パンは一斤丸ごとです。

それでようやく満足でした。

でも、外食では違います。

1人前で十分です。

大盛りにもしません。

並の一人前。これで十分です。

足りなくて追加注文することもありません。

それで店を出ていきます。

満足しています。

この違いはなんだったのか、それがずっと疑問でした。

食べる量は圧倒的に自炊の方が多いです。

自炊では、仮に一人前だけに抑えようとしても、食べ終えるとついつい追加で作ってしまいます。

食べ過ぎはいけないと分かっていてもやってしまいます。

しかし、あの動画を観て、ふと思ったのです。

「外食がエンターテイメントであり、店側がお客に満足度を高めようとしているなら、当然客もそれを受け取っている。その受け取る満足度が、自炊との違いではないか」

お店に食べに行くという行為は、ただ「食べる」という行為が、家ではなく外であるというだけ。

そう思っていました。

けれど違ったのです。

外食には、「お店で食べる楽しさ」という「食べる」以外のことが含まれていたのです。

ただ食べて胃袋を満たす、それで終わりなのではない。

  • 店に入った瞬間に迎え入れてくれた店員さんからの呼びかけ
  • 店の雰囲気
  • メニューを選ぶ楽しさ
  • 頼んでからの待ち時間
  • 頼んだ料理が来た瞬間の歓び
  • 食べる楽しさ
  • 食べ終えて店を出た時の少しだけ感じる寂しさ

これら全てが、食事の満足度に影響していたのです。

一方、自炊にはこれらがない。

ないからこそ、満足度を満たすために『量』を増やすしかなかったのです。

だから自炊では食べ過ぎてしまったのです。

そもそも食べすぎなのは、量の問題ではありませんでした。

食事に、「食べる」こと以外の何かを求めていたからでした。

それがわかってからは、「量が食べたい!」と思った時は外食に行くようになりました。

自炊よりはお金が掛かります。

けれど、得られるものは自炊よりもずっと多いのです。

量を食べなくても満足できます。

自炊でついつい食べ過ぎてしまう方は、少し奮発して外食はいかがでしょうか?

お金を使う量が増えても、食べる量を抑えられれば、それは健康に大きな影響を与えます。

外食で「お店で食べる楽しさ」を味わい、料理も味わい、身も心も満足した一食にしましょう。

コメントを残す