幸せはお金で買える!?【「幸せをお金で買う」5つの授業 】

「幸せはお金では買えない」とはよく耳にする言葉ですが、その言葉とは真逆の言葉を説いた本がこの【「幸せをお金で買う」5つの授業】の本です。

そのタイトル通り、幸せはお金で買える…というよりは、このようにお金を使うことで幸せになれるというもの。

なので、決して使う金額の大小が幸せに影響することはなく、むしろ逆であることも説明されています。

その辺りも含めてこの本がどのような本なのか、私が強く感じたことを解説をしていきます。

使うお金の大小は幸せに影響しない

使ったお金が大きければ大きいほど幸せになれる…

そんなことは無いと、この本は言います。

逆に、お金を使い過ぎることでその支払いに苦悩すること、使った分を取り戻すために時間を使ってもっと働かなければならないなど、大きすぎるお金は問題を生むことを指摘しています。

特に、マイホームや車といった非常に高価な買い物は、その額の割に幸せ感を生みづらい、あるいはすぐに消えてしまうとも言います。

この辺について後に説明します。

モノよりも経験にお金を使う

モノにお金を使ってもその幸せは長く続かないと説明されています。

その理由は、「人はすぐ慣れる生き物」だからです。

前述したマイホームや車についての調査データが書かれていますが、新築のマイホーム、あるいは有名スポーツカーを手に入れたとしても、それが日常に変わるとその恩恵を感じなくなってしまうのです。

そのモノがどんなものかを意識させれば幸せを感じ直すのですが、逆に意識させなければ当たり前になってしまうのです。

逆に色あせないのが経験です。

経験はいつでも、いつになっても語れるものです。

しかもその内容が当時良くても悪くても、後には良い思い出に変わるという素晴らしい性能を秘めています。

モノが時間が経てばたつほど幸せから遠ざかるのに対し、経験は時間が経てば経つほど幸せを感じさせてくれるのです。

お金は先払いで使う

お金は、「今払い」のでもなく、「後払い」でもなく、「先払い」することが幸せを感じれると言っています。

これは、一般的なお金を払うタイミングとしては好まれず、それ自体は本著でも述べています。

まだ経験していないものにあらかじめお金を払うという感覚はなかなか難しいです。

しかし先払いがもたらす幸せポイントは、「お金を払う悩みを抱えなくて済む」という点です。

何らかのイベントであらかじめお金を先払いしておく。

そうすれば、あとはもうイベントの日になること、イベントを楽しむことだけに集中できます。

しかし、「今払い」では終わった後に払うという苦悩が常に頭をよぎります。これではせっかくのイベントが楽しめません。

さらに「後払い」になると、支払うその日までずっとその金額が頭に残り続けます。せっかくのイベントも、その払うまでの期間と、払う辛さを味わい続けては代無しです。

これにつながることわざに

「終わり良ければ総て良し」

とあります。

まさしく、終わりがイベントを経験して終わりなのか、それともお金を払って終わりなのかで幸せは変わるということです。

どんなに素晴らしいイベントだったとしても、最後にお金を払っては幸せ半減です。

先払いすることでお金の憂いを消し、イベントを存分に楽しむことができる。

それが先払いの素晴らしいところなのです。

時短の罠

時間が多くあれば、人は様々なことができます。

その時間を作るために時間をお金で買う…その中で「時短」という言葉があります。

時短…というと、1から10まで全て自動で行ってくれる家電を思い浮かべると思います。

全自動洗濯機、お掃除ロボット、あるいは通勤時間短縮のための車等あります。

しかし、こうした時短には思わぬ罠が潜んでいると本著は指摘しています。

それは、それらを手にするにために使ったお金を稼ぐのにどれだけの時間が必要か、という点です。

こういった時短製品は総じて値段は高めです。

当然払う金額は大きくなります。

そのお金を用意するために時間を使って稼いだのでは本末転倒になっていないか?

時短製品を買うために時間を使っていないか、と指摘しています。

本著では車を例にしていますが、その車の購入費・維持費等を含めて計算した場合、時短分の成果があるどころか、マイナスすらしているのではないか?と述べています。

時短という言葉に惑わされず、目の前の時間だけを意識せず、そのお金を用意するのに必要な時間も意識する必要があります。

まとめ

以上、私が本著を読んで強く感じた点でした。

お金で幸せになることもできる、そのためには使い方を知る必要がある、それを教えてくれるいい本です。

億万長者だけがお金で幸せになっているわけではありません。

お金だけで幸せになることはできません。

しかし、カフェで珈琲一杯を奢る…それすらも、使い方次第で幸せになれるのです。

お金はあるけど幸せを感じない…そんな人にお勧めする一冊です。

コメントを残す