ミニマルな財布「Note Sleeve」の使い心地レビュー

私が実際に使っているミニマリストへお勧めの財布、「Note Sleeve」のレビューをしていく。

1.サイズ

私の手と比較してこんな感じ。

ズボンのポケットにすっぽり入るサイズ。

財布を開くとカードポケットが3か所

よく使うカードをを手前に入れている。

左のグレーのカードの裏にはさらにカードを入れるスペースがあり、そこにさらに数枚カードが入る。

私の場合は、手前のカードポケットには使用頻度の高い

・JCB CRAD W(クレジットカード)

・QUICK PAY(電子マネー)

・住信SBI VISAカード(キャッシュカード兼デビットカード)

が入っている。裏のカードポケットには

・免許証

・保険証

・Tカード

が入っている。

そのほかにお札2枚を入れている。

そこまで入れて折りたたんだ時の厚さが

このくらい。

ポケットにすんなり入り、取り出しやすさは抜群!

2.使い勝手

革製だからやはり使い始めは固さがあり、どうしてもカードやお札は入れ難さあり。

しかし使い続ければ徐々に柔らかくこなれてくるから、このあたりは革製品の醍醐味。

キャッシュレスとしてカードメインならば、非常に便利。

ただし、現金を使う場合は、お釣りがでた場合に少し厄介。

一応この財布、小銭も入れられる。

のだが…

詳しい位置はAmazonの商品紹介ページを参照してほしいが、ここに小銭を入れられる。

入れられるが……

非常に出しづらい

非常に入れにくい

ついでに言えば

見た目も悪くなる

というのも、ミニマルな財布だけあって皮は薄め

だから小銭が財布に浮き出てくる!

過去、やむなしと100円玉を入れてしばらくおいていたことがあったが、気づくとまるで皮膚に浮き出る血管のように財布に浮き出る100円玉の輪郭。

これが非常に気分が悪くなったので、以後私はこの財布に小銭を入れることだけは絶対にしていない。

これに小銭を入れるくらいなら別で小銭用の財布を持つか、ポケットにそのまま入れた方がマシだと思っている(というか実際に小銭用の財布はある)。

ミニマルさを追求したがゆえの犠牲と思えば致し方なし。

というかこれのせいもあって、日常の買い物でカード決済ができないお店自体避けるようになってる。

絶対にお釣りはもらいたくないという意思の表れでもある。

3.防犯性

RFID防止機能がついているから、スキミングのリスクなし。

キャッシュレスをメインにするとどうしてもこのあたりのリスクが気になるけれども、この財布はその対策もばっちりである。

ただし当然見た目からわかる通り、財布には身体あるいは衣服と直接つなげるようなチェーンを付けられる箇所は無い。

スリのリスクについては各自で。

未だに長財布で尻ポケットに入れて半分はみ出してる人を見ると防犯意識の低さが嘆かわしい…

4.値段

値段は安くは無いが高すぎるわけでもない12,200円(2020/1/15現在)

一昔前なら財布の値段は年収の1/200だとか。

年収を上げたいなら高価な財布を~なんて話も聞いたが、もはや時代遅れ。

自分に合った、使いやすい財布がベストだ。

値段で価値を語るのはナンセンス。

ちなみに私はこれの前には3万円の長財布を使っていたが、この財布を使う時にあっさり手放している。

値段よりも使い心地で選んでいるから、その財布を手放したことへの後悔は一切無い。

5.まとめ

最後に何故私がこの財布を選んだかといえば、一言。

使い心地がよさそうだったから

長財布によくあるこれ

このカードの段畠のように入れる仕組みは、非常にカードが入れづらくて嫌だった。

1枚ならいいが、2枚、3枚となると徐々に窮屈になり、入れにくいし出しにくい。

しかしこのNoteSleeveは1段、もしくは2段までだからカードが取りやすそうだと思ったから買った。

その予想は大当たりで、この財布には大満足だ(小銭は見ない)。

現金からキャッシュレスに切り替えよう、ついでに財布をミニマルにしたい方にお勧めする財布だ。

コメントを残す

ABOUT US

初めてできた彼女に振られたショックから立ち直った際に人生は失敗の連続と悟り、色々なことに挑戦していく。 現在、資産形成から副業としてアフィリエイトブログを立ち上げる。他に株式投資や、趣味の執筆活動も行っている。