『人生に困らない』ために見えてきたこと

日々、人生に困らないためにどうしたらいいのか。

それを追い求めてきた私に、最近集まりやすい情報の傾向が見えてきた。

それは

「避けること」

偉大な挑戦をすることよりも、問題を解決することよりも、困らないことに大切なこと。

それが避けること。

それは、先だって拝読した「Think Clearly」やウォーレン・バフェットの教えを知ることで見えてきた。

ウォーレン・バフェット語録より

『 成功は飛び越えられるであろう30cmのハードルを探すことに精を傾けたからであり、2mのハードルをクリアできる能力があったということではないのです。 』

2mのハードルに挑戦することを避け、30cmのハードルを探す。

この教えで思うことは、「それなら自分でもできそう」と思えたこと。

私は、人生においてプラスを積み重ねるよりも、マイナスを避けることのほうがより平穏になれると確信した。

それをさらに強くしたのが、皮肉にもこの本だ。

「ハッタリの流儀」

この本が述べるのは、たとえ未経験のことでもあえて「出来る!」とハッタリをし、そして実際にできるようにするという究極のプラス思考だ。

けれど、私はその内容にひどく違和感を感じた。

「これは自分がやりたいことじゃない」

つまり、これも私にとって避けることなのだと理解した。

ウォーレン・バフェット語録より

「 自分の能力の輪の中にめぼしいものがないからといって、むやみに輪を広げることはしません。じっと待ちます。 」

私にはこの教えの方がしっくりきた。

求めていたものがこれだと実感した。

あれもこれもとできなければならない、のではなく、「できるもの」を大事にする。

勘違いしてほしくないが、精進する行為をやめることはしない。

今できること…例えばこのブログなら、すでにできるものだ。

これを大切にしていくことだ。

継続し、できることを強化していく。

未知の領域に不用意に飛び込むことを避け、リスクは可能な限り避ける。

そうやって、マイナスを避け続ければ、あとはもうプラスになるだけだ。

そんな生き方が、とても魅力的に思えた。

これから私は、その避けることを積極的に発信していこう。

避けられないと思い込んでいること、避けてはだめだと思い込んでいること、そのようなことがないかを調べ、避ける方法を記していく。

避けることで人生に平穏をもたらし、苦悩を減らしていく。

それが、このブログの役割であると信じている。

コメントを残す

ABOUT US

初めてできた彼女に振られたショックから立ち直った際に人生は失敗の連続と悟り、色々なことに挑戦していく。 現在、資産形成から副業としてアフィリエイトブログを立ち上げる。他に株式投資や、趣味の執筆活動も行っている。