ラップのゴミに無くしたい人にオススメ!シリコン蓋が超便利!

今回は

・ラップ代わりに

・ずっと使える

・使い終わったラップのゴミが出ない

と超便利に使えるシリコン蓋を紹介する。

どんな商品?

シリコン蓋は、シリコン製の蓋だ。

使い道は、密閉・保存したものにそのまま直接被せることができる。

レンチンする前や、冷蔵庫に入れる前にかけるラップ代わりにとても便利だ。

被せると、まるで吸い付くように密着してくれる。

なので、レンチン後に中で発生した蒸気が漏れることがない。

ラップのようにピタッと張り付くのである。

使い終わって外したあとは、軽く水洗いや衛生上気になるなら洗剤で洗って乾かせばまた使える。

ピタッと張り付く感覚は、使い続けて4か月目に突入しているが未だに継続中だ。

作り置きしたおかずを温めるのに、毎回ラップのゴミが出るのが嫌だという人にはとてもお勧め。

というか、実際私は毎食ほぼ作り置きを温めて食べる生活のため、毎日お世話になっている。

毎食なので、毎回ラップのゴミが出ていた。

さすがにラップを使いまわすのは抵抗があった。

そこで出会ったのがこの商品だ。

今ではラップの出番はほとんどない。

ほとんど…ということは、やはり合わない用途もあったりする。

何には使えない?

シリコン製なので柔らかく、多少の伸びもする。

大抵のラップ代わりにはなるが、やはり合わないものもある。

例えば平皿に盛られた大盛りの料理だ。

基本的にはこのシリコン蓋。

蓋が当たる部分は平らであることが条件だ。

なので、盛り上がった形状に対しては密着性が損なわれてしまう。

平らでさえあれば円でも四角でも対応できるが、平らではない場合は素直にラップを使った方がいい。

なので、我が家にはそういった緊急時に備えて未だにラップは隅っこに鎮座している。

本音を言えば手放したい…のだが、シリコン蓋とて万能ではないのだ。

エコを意識するなら

昨今ますます加速するエコ意識。

そのエコ意識が特に高い主婦層にお勧めだ。

毎回出るラップのゴミ。

重さは無いし、ゴミにしたところで……と思うところかもしれないが、一度は試してみてほしい。

全くラップのゴミが出ない生活を。

たかがラップゴミ。されどラップゴミ。

その差はとても大きい。

というか私の感覚上、ラップゴミは意外にかさばる。

使い終わってクシャっと丸めても、そこまで小さくならない。

いざゴミ出ししようと思ったら結構軽い…でもパンパン……正体はラップ…

そんなことが結構あった。

それにレンチンした料理や食品の匂いが移ってたりするとゴミ箱の匂いがだんだんカオスと化してくる。

自身の台所環境という見方でも、ラップゴミが出ないに越したことはない。

シリコン蓋はラップをよく使う家庭には必需品!

合わない使い方はあるけれども、合う使い方、そしてラップと比較して使い終わった後の効果と、シリコン蓋はとても便利だ。

値段もそこまで高くなく、耐久性も優れているので是非ともお試しでもいいから使ってみることをオススメする。

コメントを残す

ABOUT US

せい
初めてできた彼女に振られたショックから立ち直った際に人生は失敗の連続と悟り、色々なことに挑戦していく。 現在、資産形成から副業としてアフィリエイトブログを立ち上げる。他に株式投資や、趣味の執筆活動も行っている。