【レヴュー】超雑談力 by 五百田達成~雑談で仲良くなろう!~

 こんにちは。

 

 今回は、五百田達成さん著「超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける」を紹介していきます。

 

 雑談と言えば、雑談はなんか苦手…と思う方もいるんじゃないでしょうか?私もそうです。だから本書を手に取りました(笑) 

 何故苦手かと言えば、目的が無い、何のためにするのかがわからないから苦手なんです。目的が無いのに話しかけるなんて失礼じゃないか?そう思っていました。

 しかし、雑談とはそういうものじゃないんだということをこの本は教えてくれました。

 早速本の紹介をしていきます。

 

本書の内容

雑談とは?

 本書ではこう定義されています。

「微妙な間柄の人と、適当に話をしながら、なんとなく仲良くなる」という、とても繊細な会話の方式

 もうこれだけで、雑談への苦手意識が無くなりそう(笑)

 仲良くなるということが雑談の目的なんですね。確かに雑談は苦手ですけど、ビジネス上の付き合いだからと仕事の話しかしない人と、たまに雑談もする人とではお互いの空気が違う気がします。それに単純にたまに雑談もする人とのほうが圧倒的に仲が良いと感じます。

 

 雑談力が身に付くとどうなるのか?本書で述べる雑談力のメリットはこれです。

  • 人づきあいがラクになる、疲れなくなる
  • 気楽に話が続けられる、サクッと仲良くなれる
  • 大事な取引先から気に入られる、信頼される
  • チャンスが次につながり、成果が生まれる

 素晴らしいメリットですね。特に、取引先との信頼構築にも役立つということは、ビジネスで雑談ができないということを致命的であるということがわかります。

 

基本の7ルール

 雑談には基本となるルールが存在する。それが以下の7つです。

  • ただ会話のラリーを続ける
  • 気持ちのやり取りをする
  • エピソードや経験談を話す
  • 肯定して共感する
  • 大きなリアクションで一緒に楽しむ
  • 会話が途切れたら「自分の近い話題」に引き戻す
  • ほどよいところで切り上げる

 聞いてみれば「そんなことか」と思うような内容です。しかし、できているかと言えば…ほぼ出来ていません。

 

雑談の場面

 雑談をするにあたり、その相手・状況に応じて以下のパターンに分類されています。

  • 初対面編
  • 知人/飲み会編
  • 職場/ビジネス編

 特に社会人だと気になるのが、職場/ビジネス編でしょう。そもそも職場で仕事の話以外していいのか?と疑問に思う人もいるかと思います。しかし最初の目的のように、そもそも雑談無くして信頼無し。ここでしっかりと職場での雑談ルールを知れば、職場だからと雑談そのものを回避する必要は全くありません。むしろ積極的に仕掛けていきましょう(笑)

 

基本の『してはいけない』7ルール

 本書は、こうしよう!という内容がある一方で、これはやらないこと!という避け事も載っています。

 前述の基本7ルールとの反対として、

  • がんばっておもしろい話をしようとする
  • 情報交換をする
  • 時事ネタやニュースを話す
  • 否定してアドバイスする
  • 質問やあいづちで話を引き出す
  • 会話が途切れたら「別の話題」を探す
  • いつまでも話し続ける

 …どれも、ついやりがちなところが耳に痛いです。特に質問やあいづちで話を引き出すはかなりやりがちなミスですね。ほかにもがんばっておもしろい話をしようとする。これは逆におもしろい話が無いなら雑談をする必要が無いと思っていたくらいなので、ここで知ることができたのはほんと良かったです。

 

本書の魅力

避けるべき点が明確

 テクニックとして、これをしよう!というよりも、これをしない!という避け方が分かるのが本書の魅力だと思います。テクニックというと、あれをしようこれをしようとなりがちですが、増えすぎて結局どれをやったらいいのか分からなくなりやすいと思います。そう言った意味では、まず避けるべき点を明確にし、その上でした方がいい点を実践する。それができるのが魅力だと思います。

 

会話の具体例も豊富

 こうしよう!と言われても、じゃあ実際にはどうするの?となるのが雑談初心者というもの。そんな雑談初心者に優しく、ちゃんとテクニックを使った会話の具体例がちゃんと記載されています。

 例えば基本ルールの「ほどよく切り上げる」。ほどよくってどこ?ってなりますね(笑) 本著ではそもそも切り上げるのは自分から仕掛けていくもので、会話の内容で切り上げるか否かを決めるものではないとしています。その流れがちゃんと載っているので、こう実践すればいいのか!とわかりやすいです。

 

雑談に中身は要らない

 これはなかなかに衝撃的でした。しかし、雑談の目的がなんとなく仲良くなるということであれば納得です。そもそも、まだ仲良くもない状態で中身のある会話をしようものなら、重くて会話は弾みませんね(笑)

 だからこそ、最初は中身のない雑談が有効であるということ。中身を持たせないように、軽く雑談をしましょう。

 

まとめ

 雑談とはいえ、なんでもいいというわけではない。避けるべき点を避け、大切な点を守ればこの上ない有効なコミュニケーションであることを、本書は教えてくれました。

 中身のない会話をするのは相手に失礼…という私の固定観念を見事に打ち崩してくれた本でした。

 この雑談力を実践して、なんとなく仲が良いというひとを増やしていきたいと思います。

 

「超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける」のチェックはこちらからどうぞ!

コメントを残す

ABOUT US

初めてできた彼女に振られたショックから立ち直った際に人生は失敗の連続と悟り、色々なことに挑戦していく。 現在、資産形成から副業としてアフィリエイトブログを立ち上げる。他に株式投資や、趣味の執筆活動も行っている。