今年の返礼品 青森県東通村より『冷凍ブルーベリー2.5kg』がすごい!

 こんにちは。

 今年も残すところあと3か月となりました。みなさん、ふるさと納税は既にお済でしょうか?

 私も今年の返礼品がどれがいいのかなと悩みに悩み、その結果健康かつ長期保存が効く食品というテーマで選びました。

 今回が、私が選んだ返礼品についてお話しします。

青森県東通村より『冷凍ブルーベリー2.5kg』寄付金額10,000円

今年頂いた返礼品は、青森県東通村より冷凍ブルーベリーです。寄付金額10,000円に対し、2.5kg分を頂けます。

 2.5kg分ですからかなりの量です。しかし冷凍品ですのでしばらくもちます。

 

 ではこのブルーべりー、せっかくなので日頃食べている外国産のブルーベリーと食べ比べてみました。比較するのは業務スーパーで売られているカナダ産冷凍ブルーベリー

 器に盛ってみました。

 ←がカナダ産ブルーベリー、 →が青森県産ブルーベリーになります。

←カナダ産         青森県産→

 粒の大きさや色合いには大きな差はないようですね。

 ではの方ですが……正直これはカナダ産の方が甘いです。というのも、カナダ産の方はほぼ全て完熟してほぼ酸味が無く、甘さだけが伝わってきます。一方、青森県産の方は良く見ると色合いが染まり切ってない未熟なのもあり、そういったものは少し酸味があります

 なのですが、私個人の好みで言えば青森県産の方が好きです。少し酸味がある方が味のバリエーションがあって美味しく感じます。食べ続けるなら青森県産の方ですね。

 また、食べ終わった後に、両者の違いがはっきりします。

←カナダ産         青森県産→

 ←がカナダ産、→が青森県産の方です。解凍した際に出る果汁の色の濃さがこんなにも違います。この青紫色の果汁はアントシアニンといい、この色素が目にいいといわれています。

ブルーベリーはその名の通り、濃い青紫色の果実が印象的です。この青紫色の「アントシアニン」が「目に良い」と言われる成分と関係しています。

このアントシアニンは、ポリフェノールの一種です。体内ではロドプシンという視覚に関するたんぱく質の合成に関わっており、視機能の改善や視力低下の防止、白内障予防にも効果があることから「目に良い」と言われています。

マイナビ農業

  ブルーベリーの健康効果については詳しい内容はこちらに→ブルーベリーが「目に良い」と言われる理由とは?効果・効能について解説

 青森県産の方のブルーベリーから出る果汁の色がこれほどまでに濃いということは、それだけアントシアニンも多く含んでいるということでしょう。どちらが健康効果に優れているかはこの果汁の色を見れば一目瞭然です。なお、食べ終わった後の歯や舌も青色に染まるので、食後の歯磨きは忘れずに(笑)

 非常に良いものを頂けたなと大満足です(^^♪

 

 以上、青森県東通村より頂いた冷凍ブルーベリーでした。正直、ここまで違いがあるものを頂けるとは思っていなかったので、今年一の衝撃だったかもしれません。もしふるさと納税はしたいけどどこにしよう?と迷っている方は、青森県東通村産冷凍ブルーベリーいかがでしょうか?

ふるさと納税なら「さとふる」

 今回私が返礼品として頂いたブルーベリーは、「さとふる」で頼んだものです。

 「さとふる」はJCBのOkiDokiポイントが2倍になったり、控除上限額シミュレーションがあったりとなかなか便利なサイトです。返礼品の品ぞろえも高級なものから日用品まで様々です。

 なお、今回私が頂いた返礼品は期間限定で、通常は10,000円では2kgになります。冷凍ブルーベリーが欲しいなと思った方は、下記のリンクからどうぞ。

冷凍ブルーベリー2kg(1kg×2袋)「青森県東通村産」

冷凍ブルーベリー5kg(1kg×5)「青森県東通村産」

コメントを残す

ABOUT US

初めてできた彼女に振られたショックから立ち直った際に人生は失敗の連続と悟り、色々なことに挑戦していく。 現在、資産形成から副業としてアフィリエイトブログを立ち上げる。他に株式投資や、趣味の執筆活動も行っている。