[日記]雲に見惚れた満月の夜

 こんばんは。

 今夜は満月

 部屋の明かりを消し、ゆったりと月を眺めます。

 しかし今夜は雲が多い夜。雲が満月を隠してしまう。

しかし雲が永遠に隠し続けることはなく、しばし待つことで再び満月は姿を現す。

 満月は確かに美しい。しかし、それ以上に美しいのは雲だった。

 今夜は風が強く、雲はどんどん流れていく。しかしその流れの動きは決して一貫していない。時には風の流れに逆らい、渦巻くように動いている。それも満月を囲むように。雲と満月の動きに関係性は無い。無いはずなのに、時に雲は満月を隠すように、時に雲は満月に払いのけられる。

 満月を見ているはずなのに雲の動きに魅せられている。雲とはかくもこれほどまでに動く存在だったのだと思い知らされた。

 太陽のまぶしさに照らされる雲と、月の明かりに照らされる雲。

 今夜は満月という主役の影のはずの雲に魅せられた夜になった…  

コメントを残す