[日記]ネコカフェと枯れた庭園散歩

 こんにちは。

 今日は猫カフェ緑水苑に立ち寄ってた。

猫カフェ「ねこひげ」

 今日立ち寄った猫カフェは「猫カフェねこひげ」。

 ↓お店のHPリンク。

https://nekohige-cat.jimdofree.com/

 ここのネコカフェの売りはなんといっても大勢の猫達自体が非常に仲良しなこと!

 話によるとここの猫たちはほとんどが兄弟ねこ。一つのベッドに寄り添って寝ている姿も見られたりと非常に癒される空間。

ホットカーペットの上でぬくぬく

ただ今大人気の猫トンネル

頭隠して尻隠さず(笑)

 実はここのネコカフェに1年ぶりの来訪なんだけれど、前回と違って期間が空き過ぎたせいか誰も膝に乗ってきてくれず…(´;ω;`)

おもちゃを差し向けるもことごとく無視…(´;ω;`)

 ただ正直なところ、ネコカフェは他のお客さんいると途端に気まずい雰囲気になるのがいつもの… 既に入ってるお客さんの周りに猫集まってるともう構いづらいしで、ネコカフェはなるべく他のお客さんがいない時間帯に行くように(笑)

 

四季の里 緑水苑

 久方ぶりの猫とのふれあいでほっこりしたところで、次にこのねこひげさんの近くの緑水苑へ。

四季の里 緑水苑

 四季折々の草花が楽しめる庭園なんだけども、さすがにこの時期になっては既にほとんどが枯れた状態。そんな時期にあえて、枯れた庭園を楽しもうと足を向けたわけです。

 では入園手続きを済ませていざ。

 庭園内の小さな川。こういうの結構好き。川面に浮いてる水草の流れる様も見てて楽しい。

 当然と言えば当然だけど、枯れ木ばかり。逆にこの光景が他の季節にどう変わっていくのかが楽しみになる。

 庭園内には鯉も泳いでいて、休憩所で鯉の餌(100円)も購入可能。

黒い鯉の中に赤い鯉もちらほら。餌を撒き始めるとどんどん集まってくる。

 枯れた蔓だけの天井。ここが季節を向けるとどんな光景を見えてくれるのか期待が高まる。

 天気が生憎と曇り空だったからか、枯れ木と合わさり物悲しい雰囲気も漂わせてくれる。

 出逢いの辻。今回は出逢いはなかったけれど、季節時に訪れればどんな出逢いがあるのだろうか。

樹皮の荒れ具合に驚き

 しかしながら全く彩が無いわけでもなく、一部で白い花を見ることができた。

 水辺の周りには色づいたままの緑も。

 秋薔薇の名残の白薔薇の花がわずかに。ここに11か月後に来た時、どんな鮮やかさが目に映るのか、楽しみ。

 約1時間の散策を終えて帰宅。何もない時を知るからこそ、それが色づいた変化を如実に感じることもまた風情。桜舞い散る4月ごろにでもまた訪れよう。

  

 というわけで、のんびりと過ごした日でした。

コメントを残す