[人生]心は落ちるとこまで落ちてしまえばいい

心が落ち込んだ時、人はどうしたらいいのだろうか?

誰かが落ち込んでいるとき、あなたはどうしたらいいのだろうか?

  

答えは一つ。

 

ひたすらに落ち込め。

 

これ以上落ち込めないというくらいに落ち込めばいい。

 

それが誰かなら、慰めなんてしなくていい。

励ましなんてしなくていい。

どうせ相手の耳には届かない。

一人で、ただひたすらに落ち込ませておけばいい。

 

落ち込むというのは、文字通り落ちている状態だ。

なら、もう一度上がるためにはどうしなければならないか?

地面に着かなければならないのだ。

宙で落ちている状態のままでは、上に上がる手段は無い。

ダイビングした人間が、地面に落ちたくないと言って途中で飛行機に乗り戻れるか?

無理だ。

一度地面に落ちなけれなならない。

落ちた後で、ようやく飛行機に乗れるのだから。

だから落ちなければならない。

 

だからこそ、中途半端に慰めや励ましもしてはならない。

それはパラシュートを装備させるようなものだ。

落ちる速度はゆっくりになる。

だがそれは、宙にいる時間が延びるだけだ。

いつまで経っても宙にいる。

いつまで経っても落ち込んでいる。

宙にいたままでは上がれない。

いつまでも、だらだらと宙を漂い、落ち続ける。

地面に着かない限り、上がることはできない。

慰めや励ましは、落ち込みを長引かせるだけだ。

早く這い上がらせたければ、早く落とす。

 

そして、地面に落ちた時、その時に初めて人は気付く

気付きを得る

その感覚は、気付いた人にしか分からない。

ただ漠然と、何かを理解する。

そして、ようやく這い上がり始める。

地面に脚をつけ、そこから踏み出すのだ。

落ちている最中に地面は無い。

踏み込む地面は無い。

どんなにもがいても足は空を切る。

だから地面に落ちる。

そして立つ。

それが気づき。

 

だから、落ち込んでいるのなら、とことん落ち込め。

どこまでも。

それが地面に立つ、気付く、理解することになる。

コメントを残す

ABOUT US

せい
初めてできた彼女に振られたショックから立ち直った際に人生は失敗の連続と悟り、色々なことに挑戦していく。 現在、資産形成から副業としてアフィリエイトブログを立ち上げる。他に株式投資や、趣味の執筆活動も行っている。