[手洗い]手洗い始めて手放した物・必要になった物・これから手放す予定の物を紹介

記事の要約
  • 必要になった物→洗濯おけ
  • 不要になった物→洗濯かご・洗濯ネット
  • これから不要になりそうなもの→下着の予備・ハンガー・洗濯ハンガー
  • 不要になったのに惰性で使い続けないようにする

洗濯物を手洗いするようになって1か月が過ぎました。

その間、手洗いをするために必要なものを買ったり、手洗いを始めたことで使わなくなった物が出たり、手洗いでどこまで洗えるかなど試行錯誤してきました。

今回の記事では、手洗いによって

  • 必要になった物
  • 不要になった物
  • これから不要になりそうな物

を紹介していきます。

洗濯機を使った洗濯から手洗いに変えることで、どれだけ物を減らせるかが分かりますので、ぜひ読んでみてください。

初めて手洗いをした記事↓
[雑記]手洗い始めました~洗濯機を手放す準備?~

必要になった物

必要になった物は、洗濯桶です。今回は洗濯桶代わりとして折り畳みができるバスケットを買いました。

容量は15ℓ。シングルサイズの敷パッドがギリギリ手洗いできるサイズです。

使わない時は折り畳んで収納できますし、水抜き穴もあります。

底面の青い箇所が水抜き穴

手洗いで必要になった物はこれだけ。次は不要になった物を紹介します。

不要になった物

ランドリーバスケット

不要になったのは、ランドリーバスケット(洗濯籠)です。

不要になった理由は、ランドリーバスケットを使うほど洗濯物が溜まらないからです。

手洗いはシャワーを浴びるついでに毎日しています。その日着ていた服をそのままシャワーの捨て水を使って手洗い。なので、洗濯物として持ち運びする容量は片手で十分。わざわざランドリーバスケットに入れるほどの量ではありません。

シャワーの『捨て水』については↓の記事で解説
[ミニマリスト]手洗いで節水~捨て水を使います~

洗濯ネット

また、洗濯ネットも枚数を減らしました。

以前は洗濯は3~4日に1回。それなりに洗濯物も溜まるので、洗濯ネットも複数枚必要でした。

しかし毎日洗うので、洗濯物の量は洗濯ネット1枚で入りきる分しかありません。複数枚持つ必要はなくなりました。

これから不要になりそうな物

下着の予備

現在下着は全部で6枚持っています。これを将来的には3~4枚に減らせると考えています。

6枚の理由は洗濯頻度です。

前述したように、これまで洗濯機で洗濯していたときは洗濯頻度は3~4日に1回。なので、洗濯する枚数+今着る分+予備ということで6枚持っていました。

しかし、手洗いによって毎日洗濯するので、洗濯待ちとなる下着は無くなります。なので、その分の枚数を減らせる。

最小で考えれば、3枚あれば十分と思います。乾燥機は持っていないので乾かすのは天候頼りですが、それでも2日も干せば下着は乾くでしょう。

これから丁度梅雨時期を迎えますから、この時期の洗濯物の干し具合で枚数を決めたいと思います。

ハンガー

下着に合わせてハンガーも減らせると考えています。

ぼくは、Tシャツはアルミハンガーで干した後、そのままハンガーごとクローゼットに仕舞います。ですから、下着でもあるTシャツが減れば、それに使うハンガーも減る。なので、ハンガーの本数も今ほど必要なくなると思います。

洗濯ハンガー

洗濯ハンガーは減らせるというより、サイズダウンさせられるかなと考えています。

現在使っている洗濯ハンガーは、ジーパンなら4枚、タオルは10枚干せるサイズですが、今はその半分しか使っていません。

経年劣化で一部の洗濯ばさみが壊れるなどしてきており、そろそろ買い替えの時期になっていますが、その際には今より小さいものにしようと思っています。

最後に

というわけで、手洗いによって必要になった物・不要になった物・これから不要になりそうな物の紹介でした。

そもそも手洗いを始めたのは、洗剤を使わないなら洗濯機を使わなくても洗えるのでは?ということがきっかけでした。

やることが変われば、必要なもの・不要なものは変わる。当たり前のことなのですが、実際には必要なものが不要なものに変わったことを忘れがち。もう使わなくていいのに、惰性で使い続けてしまうことがよくあります。

その辺に気を付け、不要になった物はきちんと手放していきたいと思います。

これまでの手洗いについての記事は「手洗い」カテゴリにて検索することができます。興味がある方は読んでみてください。

それではまた。

折り畳みもできる使っているバスケットは↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です