[キエーロ]コバエ対策~密封してみた~

記事の要約
  • キエーロのコバエ対策に容器を密封してみた
  • 密封すればコバエが集るのを防げる
  • 土が湿りすぎて分解が進まないのかも?

キエーロにコバエが大量発生中。

先日から、コバエをどうやったらキエーロから追い出せるか試行錯誤しています。

前回はハッカ油で試して失敗。その次に土を乾燥させて匂いを飛ばし、コバエが集らないようにとやってみました。

それを数日続けてみたのですが、相変わらずコバエは大量に集りまくる状態。匂いもなかなか無くならず、もうこれ以上この状態を我慢できませんでした。

そこで次に試したのは、キエーロを丸ごと密封するという方法。

手元にあったゴミ袋にキエーロを丸ごと入れて密封しました。ゴミ袋がちょっと容器より小さかったため、袋を無理やり伸ばした状態で入れることになりました。しかし、そのおかげで密着性が増し、密封度合いが上がりました。

それから経過観察していると、1日経つごとに確実に周囲を飛び回るコバエが減っていきました。キエーロの中で動く姿も徐々に少なくなっていきます。

せい

本当は殺虫することは避けたかったですが、ここまで集られるとやむを得ず…

そして密封してから3日後。ついに飛び回るコバエの姿が無くなりました。

きっちり密封されているので、蓋の裏には大量の水滴が。

蓋を開けるとびっしょり。

水蒸気が漏れなかったということは、コバエが集る匂いも外に漏れるのを防げていたんだと思います。

蓋を開けても、飛び立つコバエの姿はありませんでした。

少し心配していたのは、キエーロにコバエが卵を産んでいないかということ。あれほど大量発生していたのでそのことが心配でしたが、杞憂のようです。

やはり、キエーロから出る匂いがコバエを集めていた模様。

キエーロからは相変わらず腐った匂い。密封してコバエを寄せ付けないことには成功しましたが、すぐに密封状態を解くわけにはいかなさそうです

とりあえず今回は底の方から全体をかき混ぜ、酸素不足になってるであろう土の中に空気を混ぜ込みます。

また、密封状態だからかは不明ですが、生ごみの分解速度も遅れてます。密封する前に入れたイチゴのヘタですが、そのまま残っていました。

ひとまずこのまま密封状態を維持して、しばらく様子を見ることに。

今回の件で改めて思ったのは、土が湿りすぎているのでは?という点でした。

他の方のキエーロの状態を見ると、明らかに土のサラサラ具合が違います。ぼくのキエーロは土の塊がゴロゴロあるし、掘るのも大変なくらい。一度徹底的に乾燥させないといけないのかもしれません。

日当たりのいい場所で、シートに土を広げて乾燥させるか。ただモノがモノだけに、その辺でやるにはちょっと人目が気になるところです。数時間は日光に当てたいと考えると、かなり場所も限られる。

次のキエーロの経過では、また何かしらの対策を実行した姿をお見せしたいと思います。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です