[ミニマリスト]大事が小事~小さいストレスを手放すことが大きいストレスを手放すことに繋がる~

記事の要約
  • 小さいモヤモヤが大きなイライラを生み出す元凶となる
  • ミニマリストになって心が穏やかなのは、小さいモヤモヤを無くしているから
  • 小さいことだからと放置しないことが大切

今回、「なるほどなぁ」と感じた本を読んだので少し紹介します。

タイトルは「雨のちたくち」。著者はセラピストである石井裕之氏と沢雉会となっており、沢雉会とは石井氏が開催している勉強会のこと。つまり、石井氏とその勉強会メンバーが書いた本ということになります。

その内容は、各メンバーが自分の心と向き合った時のエピソードを記したもの。その中に、ミニマリストとして共感した内容がありました。

    Kindle Unlimitedの読み放題対象です。

    サブタイトルは「1パーセントの仲直り」。その中で、登場人物の女性のイライラについての分析をしています。

    その分析の中で、イライラの内訳が以下の通りになっていました。

    ①むしゃくしゃ 3000パーセント
    ②言われたことに傷ついた 1000パーセント
    ③こんなにやってあげたのに 500パーセント
    ④なんでわかってくれないの? 499パーセント
    ⑤その他 1%

    引用元:雨のちたくち「1パーセントの仲直り」

    次に取り組んだのは、①~④のイライラの大半ではなく、ほんの1%である⑤の内容を分析していきます。

    ⑤の内容は、「部屋が蒸し暑い」や、「机の上の整理ができてない」など、ほんの小さなモヤモヤ。他にもホコリが溜まってる、お風呂掃除をしていないなどなど…そのモヤモヤを、その場でどんどん解消していきます。

    そうやって小さなことを解消したうえで、もう一度イライラの分析のしていくと…

    ①むしゃくしゃ 3パーセント
    ②言われたことに傷ついた 0.1パーセント
    ③こんなにやってあげたのに 1パーセント
    ④なんでわかってくれないの? 0.01パーセント
    ⑤その他 0.1%

    引用元:雨のちたくち「1パーセントの仲直り」

    このように変化したと説明しています。小さなもやもやが、1000倍にも大きなイライラを生み出していたのです。

    本章は仲直りがテーマなので、この後は2人で生きていくためには小さなことから仲直りしていくことが大事であり、そのためにはちゃんと向き合おうと締めくくっています。

    しかしぼくが注目したのはそこではなく、仲直りのために行ったイライラの分析とその解消です。

    その状況にふと、既視感を覚えました。

    ぼくはミニマリストになってから、自分でも「心が穏やかになった」と感じています。友人にも言われます。

    ミニマリストが心穏やかになるのは、物が少ないから物から受ける情報が減り、ストレスが減るという分析があります。確かにそれもありますが、その他にも心が穏やかになる理由がこの本を読んで、やっと実感できました。

    ミニマリストになることで、ちょっとしたモヤモヤを溜めないようにしている。だから心が穏やかでいられるのではないかと思いました。

    ミニマリストになってから、モノだけでなくコトも減らしました。やるべきことや、やったほうがいいことなどを減らし、時間の余裕を作る。すると、「時間が無いから今はできない」と放置していたことに、すぐに取りかかれるようになりました。

    ちょっとしたことだからと後回しにしがちなのが、

    • 使い終えたエコバッグを折りたたむ
    • 食器を洗う
    • 使ったハサミを元の場所に戻す
    • ポストの投函物を確認する
    • 壊れた物を放置する

    などなど。そういったことを、すぐに片づけています。

    そこには、メンドクサガリな自分が「後回しにしたほうが面倒になる」という気持ちもあり、すぐにその場で片づけたほうが楽だというのもあります。

    小さなモヤモヤが積み重なって大きなイライラを作り出す。それはまるで、実体のない雲のような存在かもしれません。実体が無いから触れることもできないし、雲だからいくらでも広がっていく。しかし、そのイライラを生み出す小さなモヤモヤを無くせば、元を断つことに繋がり、自然とイライラの雲は消え去っていく。

    モヤモヤがイライラを作りだすイメージ

    ふと思い出したのは、老子の「大事が小事」という言葉です。

    意味は以下となります。

    小事もいいかげんにすると大事になるから、疎 (おろそ) かにしてはいけない。

    引用元:goo辞書

    元々の意味は政治を行う者への教訓です。小さな事件を放置すると、いずれ国が傾く大きな事件に発展するというもの。

    その小事をモヤモヤ、大事をイライラに置き換えることができると思います。

    何事も、小さいことだからと見くびらないことが大切だということですね。

    ミニマリストになって心が穏やかになった理由。その一つが分かって、なんだかスッキリしました。心穏やかになったけど、なんで穏やかになったのかが分からなくて少しモヤモヤしていたんだと思います。

    そんなぼくですが、すべての小さなモヤモヤが無いわけではありません。小さいモヤモヤは無くしてもすぐに出てきます。部屋の中には、先日の通販が届いた時の段ボールが処分されずに放置されたまま…

    回収場所に持っていくタイミングを計っていたらずるずると置きっぱなし…こういうのが積み重なってイライラになるのですから、さっさと持っていくべきですね。

    この記事を上げたら、車に積み込んで忘れないようにしておきます。

    それではまた。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です