[雑記]冷感敷きパッドは寝づらい?~冷えすぎ蒸れすぎもうヤダ~

記事の要約
  • 冷感敷きパッドは気温が涼しいと冷えすぎて眠れない
  • 逆に暑いと冷えないどころか蒸れて寝づらい
  • 熱帯夜でも冬用敷パッドで全然眠れる

まだ梅雨が明けない中、すでにあちこちで猛暑日になり、寝苦しい夜になることもしばしば。

そんな熱帯夜でも快適に寝れるようにと去年買ったのがこの冷感敷きパッド。

今年もお世話になろうと何日か使ったのですが……どうにも眠りづらい。

まず、まだそこまで暑くない夜に使った場合。

そういう夜ですと、冷感敷きパッドが冷えすぎてしまいます。なので体も冷えてしまい、夜にトイレに起きてしまうことがしばしば。朝方は一番気温が下がりますが、寒くて目が覚めてしまいます。

いくら夏とはいえ、雨が降れば気温が下がる日だってあります。まして今年は気温の乱高下が激しい。その日の気温に合わせて一々敷パッドを変えるのは面倒くさすぎます。

では暑い夜なら使えるのか?というと、実は暑い夜でも寝づらい。

まず、ある程度暑くなると冷感機能はほぼ停止します。全然冷たく感じません。この時点でだいぶ問題ですが、それだけじゃない。

この冷感敷パッド、すっごい蒸れる。

詰め物の問題かもしれませんが、全くと言っていいほど空気を通しません。だから、体からの放熱も、蒸発した汗もどんどんこの敷パッドに溜まる。おかげで、暑くて寝苦しい夜が冷感敷パッドのおかげでさらに寝苦しさを増しているという始末です。

一応、本当にこの冷感敷パッドが蒸れる原因なのかも確認しました。

ぼくの寝具スタイルは、マットレス+敷布団+敷パッドという3構成です。

マットレスにじかに寝ると固すぎてダメ。でも柔らかすぎもダメ…と色々な寝具を試行錯誤していき、ようやく自分の体に合ったのがこの3構成スタイル。

蒸れる原因は敷パッドではなく、その下の敷布団やマットレスかもしれないということで、↓のような検証をしました。

使うのは、最近買ったメッシュ製のコット。

通気性抜群で、ムレ知らずの一品。最近昼寝はこのコットでしています。このコットの上に冷感敷パッドを敷き、寝てみて蒸れるかどうか検証しました。

寝てみて数分。もう結論は出ました。蒸れるのはこの冷感敷パッドが原因であると。

どんどん熱がこもり、湿気も溜まり蒸れてくるのがよく分かります。通気性0でした。

冷感敷パッドで心地よい眠りを…と思っていたのに、効果は真逆でした。

去年のぼくは一体なぜこの冷感敷パッドで寝続けていたのでしょう?

1年経って、敷パッドの効果が変わったとでもいうのでしょうか?でも今振り返ると、寝苦しくて寝返りを繰り返していたような気も… 寝ている部分に熱と湿気がこもるので、体の位置を変えないと暑くていられなかった気がします。

それは気温のせいだと思っていたのですが、どうやら冷感敷パッドのせいだったのかもしれません。

今は冷感敷パッドは使わず、手持ちの冬用の敷パッドを使っています。

この敷パッドは数年前に無印良品で買ったもののはず。しかし、冬用だけども寝心地はいいです。寝始めに体を横たえたときは温かいと感じますが、ムレることは一切ありません。

冬用だから夏には合わないだろうと勝手に思い込んでいましたが、極端に暑くなることもなく、ムレないのでこのまま夏にも使っても大丈夫そうです。

これまで使っていた冷感敷パッドは、確かホムセンで安価で買った物です。

お店で買うときは、お店自体が涼しいので冷感敷パッドに触ったときひんやりと感じます。なので、寝るときもそうだと思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。

夏だから夏用の寝具がいる!とこれまた勝手に思い込んでいましたが、そんなことはなさそうです。冷感敷パッドについては、後日ゴミに出そうと思います。

寝心地の良い寝具は、季節関係なく使える。意外とそういうものなのかもしれません。

今回はこの冷感敷パッドが外れだったのか、それとも冷感敷パッド自体がそういうものなのか、どちらなのかは分かりません。無印良品でも冷感敷パッドが販売されているので、それと比べると分かるかもしれませんが、冬用でも問題ない。そう分かった今、わざわざ買って確かめるつもりは今のところないです。

冬用敷パッドは蒸れないけどやっぱり暑い!と、どうしようもない熱帯夜が来た時に考えようと思います。確実に必要だと感じたときだけ、買うことにしましょう。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です