読書するならやっぱりKindle Paperwhiteがおススメな理由!

いっぱい読書がしたいあなた!

けど本はかさばるし、重いしで収納場所が大変そう。

そんなあなたに、Amazonの電子書籍サービス「Kindle」と読むための端末「Kindle Paperwhite」をおススメします!

 

メリット

保管するスペースがいらない

本はすべて電子データですから、保管スペースは一切不要です。

大きな家具となる本棚が不要なので、部屋のスペースを占有しないで済むのも大きなメリットですね。

せい

本棚が無くてお部屋すっきり♪

 

持ち運びしやすい

KindlePaperwhiteは成人男性の手のひらに乗る程度なので、持ち運びは簡単。

外で読書したいとき、小さい鞄に入れて持ち歩くこともできます。

持ち運びには無印良品の撥水サコッシュがサイズが丁度よく、おススメです。

せい

公園で読書するときにちょっとだけ持ち歩くには丁度いいんです♪

私のいつものセット

そんな無印サコッシュの購入はこちらから↓

無印良品 撥水 サコッシュ ネイビー 良品計画

 

暗くても読める

KindlePaperwhiteは目に優しいフロントライト搭載です。

紙の本のように光源が無いと読めない、ということはありません。

せい

目に直接光を当てないので、目に優しいんです♪

 

太陽のしたでも読める

いや当たり前でしょ?と思われるかもしれませんが、スマホの画面を太陽の光がまともに当たるとどう見えます?

全然見えなくなりませんか?

KindlePaperwhiteの画面はE-inkスクリーンとなっており、太陽の光がまともに当たってもちゃんと画面が見えます

画面が見えるようにわざわざ日陰を探すこともありません。

 

本の到着を待たなくていい

電子書籍ですから、買った瞬間に読み始めることができます

通販で紙の本を買った場合、どんなに早くても到着は翌日以降です。また、本屋に行ったとして必ずしも取り扱いがあるとは限りませんし、もしかしたら在庫切れになっているかも…

読みたいときに読み始めることができるというのは最高の環境ではないでしょうか

せい

買い忘れていた本も、その場で買ってすぐ読める!

 

風呂でも読める

KindlePaperwhiteは防水仕様(IPX8等級)ですので、入浴しながらでも読めます。

水中に落としても大丈夫ですが、水中で使えるわけではないのでご注意を。あくまでも水に落としてもすぐに拾えば大丈夫というレベルだと思ってください。

せい

読みながらだとついつい長風呂になってしまいますね。

 

圧倒的量

Kindleでは、700万冊以上の本、マンガ、雑誌、洋書を読むことができます。

すべての本が電子化されているわけではありませんので、最新刊や古書、専門書ですと電子化されていないこともあります。

それでもたいていの本は電子化されていますから、読む本が無いと嘆く暇すらないほどに充実した読書生活を送ることができますよ。

せい

どんどん新しい本も電子書籍として出てきていますよ。

 

デメリット

充電が必要

電化製品ですので、充電は必須です。

充電が切れれば読めなくなります。

とはいえ毎日充電が必要かといえばそこまででもありません。

せい

私の場合、1日1~2時間の使用で2週間に1回程度の充電頻度ですね。

 

Wifi環境が必要

KindlePaperwhiteが電子書籍をダウンロードするためにはWifi環境が必要です。

しかし、端末によってはWifi以外に4G対応版もありますので、自宅にWifi環境が無い場合はそちらを選ぶとよいと思います。

ただし4Gですと、マンガや雑誌などの大容量データはダウンロードできない可能性があります。マンガを読みたいなら、Wifi環境は必須です。また、4G機能が付く分値段は上がります(5,000円↑)。

せい

Wifi環境が無いと使いづらいですね。

 

流し読みはしづらい

紙の本のような、ページをペラペラめくっての流し読みはしづらいです。

タッチ操作となりますし、ページ送りもそんなに早くはありません。仮に連続タッチしたとしても「ペラ………ペラ………」という感じです。

せい

パラララ~とめくって目当てのページを探しだしたりするのは面倒になりました…

 

運命的な出会いは無い

本屋の中をめぐり、ふとした瞬間「これは…!」という出会い

それがありません。

Amazonの購入ページはそれまでの購入履歴が反映されるので、購入したことのあるジャンルに関係したものが羅列されやすくなります。

そのため、これまでと関係のないジャンルは表示されにくくなります。

なので、運命的な出会いを求める方は、本は本屋で探すといいでしょう。本屋で探して、本自体はAmazonで買うというのもいいかもしれません。

せい

でもせっかく運命的出会いを感じたのなら、その場で買うのもロマンがあっていいですね♪

 

ぼくがKindlePaperwhiteを買った理由

そもそもぼくがKindlePaperwhiteを買った理由は、ミニマリストになったことでした。

当時大量のマンガ本や小説を抱えていた私は、3段のカラーボックスや本棚を並べ、保管していました。

当然その中にはもう読まなくなって久しいマンガもいっぱいあります。そんなマンガを、早く処分してしまえばいいんじゃないかと当時は全く思いませんでした。その頃は持っていること自体に意味があると思い込んでいた時期でもあります。

しかし、ミニマリストに目覚めたことで一気に目の前のマンガの山に意味が無いことに気づきます

そこでの葛藤が、目の前のマンガはもう意味が無いけれど、これから読みたいマンガが出てきたらどうするのか?というものでした。

マンガは読みたい、けどスペースを圧迫するのはもう嫌だ…そんなぼくの出した結論が電子書籍で買うというものでした。

ぼくは今でこそマンガ本以外の書籍を大量に読んでいますが、KindlePaperwhiteを買った最初の理由はマンガ本のためでした。

 

 

8GBと32GB、どっちがいい?

ここまでメリット・デメリットを紹介してきました。

この辺で購入する気持ちに傾いてきたのなら、今度はどれを買えばいいかで悩むことかと思います

特に気になるであろうは、その本を保存するための容量ではないでしょうか?

容量には、8GB32GBがあります。

32GB版↓

↓8GB版

 

ぼくの答えとしては、マンガを多く読むのなら32GB、マンガ以外の本が多いなら8GB、となります。

これはマンガとマンガ以外(雑誌は除く)の本の1冊の容量の違いからです。

マンガは50~100MB

マンガ以外(雑誌は除く) ですと、1~10MBくらいです

8GBですと、マンガなら100冊はダウンロードできます。それくらい入るなら8GBで十分じゃん?と思われるかもしれません。

ですが、これはあっという間に使い切ってしまったのでおススメはしません。

せい

マンガはどんどん増えますので、8GBくらいの容量はあっという間に埋まってしまいます

かといって、削除はちょっと手間だったりします。ダウンロードできなくなったからといって読まなくなった本を探して削除…は正直面倒です。なので、その手間を考えますとマンガを読むなら容量に余裕がある32GB版をおススメします。

Kindleには一定期間読んだ履歴の無い本をまとめて端末から削除する機能もあります。

 

カバーは必要?

kindle Paperwhiteには純正のカバーがあります。

カバーは絶対に必要なものではありません。

ただ、下のリストに当てはまる方は購入するといいかもしれませんよ。

  1. 持ち運びのときに画面が傷つくのがイヤ
  2. カバーの開閉だけでスリープ/スリープ解除ができる手軽さが欲しい

特に②は体感するとかなり便利です。

電源ボタンを押さずに読書を中断したり再開できるので、ちょっとしたスキマ時間でちょこちょこ読書したい人にはカバーがあると楽ですよ。

 

Kindle使うならKindleUnlimitedは絶対必須!

Kindle端末を買うなら是非一緒に登録したほうがいいのはKindle Unlimitedサービスです。

Amazon Kindle Unlimited

Kindle Unlimited月額980円の読み放題サービスです。

驚くべきはこの価格で、読める本の数は200万冊以上!

本1冊を買う値段でこれだけの本が読めるのですから利用しない手はありません。

さらに読める本も、現代から古書、翻訳本まで様々。このサービスに登録しているだけで読む本に困ることは無いですね。

Kindle Unlimitedなら以下に紹介する本全てがいつでも読み放題なんです。

 

 

 

 新刊にこだわる気はないけど、いっぱい本が読みたいな!と思う方にはぜひともおススメしたいサービスです!

 

Amazon Kindle Unlimited

 

最後に

ここまでKindlePaperwhiteをおススメしてきました。

重い本をバッグにいれ、時には入れ方を誤ったがために変にページが折れてしまった…そんな悩みもなくしてくれるのはKindlePaperwhiteです。

難しい本ばかりだけでなく、普通にマンガやライトノベルを楽しむにも最適です。

せい

むしろどんどん数が増えるマンガやラノベ向きかもしれませんね(笑)

是非買って、よい読書ライフを!

コメントを残す