無印良品の『ポリエステルドビー織ノンプリーツカーテン』を買ってみた!その違いは…

 こんにちは。

 

 今回は部屋のカーテンを入れ替えました。その入れ替えたカーテンが

 無印良品『ポリエステルドビー織ノンプリーツカーテン』

 になります。

 今回は

  • カーテンを買い替えた理由
  • 買い換え後の変化

 について、語っていきます。

 

カーテンを買い替えた理由

 今回カーテンを買い替えた理由、それは『夜向け』ではなく『昼向け』に使うようにしたからです。

 もっと細かい理由を述べますと、

『日差しがきつ過ぎてもっと遮光性の高いカーテンにしたい』

『色を太陽光を吸収しない色にしたい』

 という二つの理由からになります。

 ↓の写真は、左が買い替え前のカーテン、右が買い換え後の無印のカーテンです。撮影日時はもっとも太陽光が強く照らす朝方です。東向きの部屋なので。

 御覧の通り、左のカーテンは『若干外の景色が透けて見える』『色がネイビーだからカーテン自体が熱くなる』という欠点がありました。

 ちなみにこのカーテンはホームセンターで購入したもので、幅100cm×高さ200cm 2枚組で確か4000円ほどのものでした。遮光性や断熱性などの規格は無く、遮光タイプという記載のみ。これを買った理由は、夜空を思わせる星形の模様とネイビー色というものでした。つまり夜に使うことをイメージとしていました。

 

 しかしながら今回の買い替え理由は、夜に使うことではなく、昼間に使うことを前提とした理由になります。それまで私は、カーテン=夜という認識でした。けれどここ最近になって、カーテンの重要性は夜よりも昼だという分かりました。遮光性も断熱性も夜よりは日中のほうが影響が大きいですから。

 

 その結果今回購入したのが遮光性99.96%かつ、太陽光を吸収しにくい明るい色ということで、

無印良品『ポリエステルドビー織ノンプリーツカーテン ベージュ色』

 になりました。

 

ノンプリーツカーテンってどうなの?

 今回購入したのは、ヒダの無いノンプリーツカーテンです。

 一般的なカーテンと比べてヒダの有無という違いがありますが、そのヒダが無いことで何が良いかというと、よくわかりません(笑)

 今回購入したカーテンは合わせて5980円だったので、安いかというとそこまで安くはありません。少なくとも以前購入したカーテンよりは高いです。

 なら何故買ったかといえば、単純にノンプリーツカーテンがどんなカーテンなのか実際に飾って確認したかったからです。

 このままノンプリーツカーテンを飾り続けて、その違いが分かるようになったら改めて記事にしたいと思います。

 

買い換え後の変化

 買い換え後の変化は顕著でした。

 太陽光が透けない

 カーテンが熱くならない

 買い替え理由の二つともが見事にクリアされました。

 

最後に

 カーテンを買い替えた理由でした。

 今回カーテンを買い替えるに至ったそもそもの理由は、在宅時間の増加です。昼間家にいる時間が増えたからこそ、昼間のカーテンの重要性に気付くことができました。

 今後も、この状況を自分の生活を見直す機会としていろいろ変化させていこうと思います。

コメントを残す

ABOUT US

初めてできた彼女に振られたショックから立ち直った際に人生は失敗の連続と悟り、色々なことに挑戦していく。 現在、資産形成から副業としてアフィリエイトブログを立ち上げる。他に株式投資や、趣味の執筆活動も行っている。