[雑記]春の訪れを散歩で確かめる

昨日は天気が良く、いつも通りの散歩に出掛けました。ここ最近は気温も上がり、春の芽吹きを教えてくれる姿がちらほらと。なので、珍しくスマホ片手にその姿を写真に収めてきました。

まずはアパート近くで。椿でしょうか?赤い花びらと中の黄色とのコントラストがきれいです。

道端には黄色い花。花の種類なんてほとんど知りませんが、その姿を綺麗だと感じる感性だけはあります(笑)

小粒の小さく白い花。

これだけは名前を憶えています。オオイヌノフグリ。花というより名前で覚えました。小さい花で、食べたら甘いかな?と子どものころ食べた記憶があります。もちろん甘くありませんでした。

紫の飛び出るような花。結構あちこちで見かけます。サルビアを思い出しますね。あれは蜜が甘かった記憶。

おっとこんなところにも。1時間半ほどの散歩コースですが、たんぽぽはこの一輪しかまだありませんでした。

しかし改めてみると、川沿いの土手の植生も面白いものです。道路側は芝生ばかりで枯れ草が目立ちますが…

川側はこんなにも緑豊か。

たった2mほどの通路を挟んでこの違い。植物の有り様は見ていて面白いです。

そんな土手の中には、春に限らず年中その可愛い姿を見せてくれるハクセキレイが。

普段はちょっと顔を向けただけで飛びだってしまいますが、今日は「しっかり写せよ?」と言わんばかりにこちらを見てそこに留まってくれました。カメラの性能でこれが限界なのが悔やまれる…

ハクセキレイは尾羽をぴょこぴょこ動かす姿が可愛くてたまりません。

春の芽吹きはまだまだこんなところに。つくし発見。

でもこっちも見つけたのはこれだけ。まだまだ春は芽吹きの段階ですね。

まだまだ春は遠い…そう言わんばかりなのが桜。

つぼみを見てもまだ全然咲く気配がありません。去年の日記には、3/31の時点で八分咲きくらいになってたとの記録。今年の桜はずいぶんと遅咲きになりそうです。

まだまだ春は始まったばかり。その姿をあちこちで見ることができました。

写真に撮ることはできませんでしたが、ツバメも飛んでいるのが確認できました。アパートの前の電線によく停まっているので、またしばらくツバメの大合唱があたりに響きわたりそうです。

それではまた。

コメントを残す