[無印]ボトルフック使いづらいから曲げました~自分で調整~

記事の要約
  • 無印のボトルフック使いづらい
  • だから自分で曲げた
  • そうしたら使いやすくなった

先日、新商品として販売された無印良品の『ステンレス ボトルフック 2連 水切りカゴ用』。

あれから使い続けていたのですが、やっぱり使いづらい。最近分かったのは、ボトルフックにタンブラーなどを引っ掛けると、蛇口が当たって邪魔になることでした。

一人暮らしのシンクは狭いから当たる

そこで思ったのは、もう思い切って自分で曲げて使いやすくしよう、と。素材はステンレスですから、形を変えることが可能です。早速曲げてみました。

ボトルフックの詳しいレビューは↓記事にて
[無印]新製品『ステンレス ボトルフック 2連 水切りカゴ用』その使い勝手をレビューします

曲げる前はこのくらいの角度です。

これだけで見るとそこまで傾いていないように見えますが、水切りかごに引っかけると、かなり傾きます。

この傾き分も混みで、曲げていきます。

太さがそれほどでもないので、素手でも十分曲げられました。

そして曲げた結果がこちら↓。

少しだけ内側に傾いていますが、これは水切りかごに引っかけた分の傾きも考慮してます。

なので、水切りかごに引っかければこの通り。

ほぼ垂直にすることができました。これならタンブラーを引っ掛けても、もう蛇口に当たることがありません。

タンブラーもほぼ垂直に

ずっと使いやすくなりました。

これで思ったのは、曲げられるならマグカップなども引っ掛けられるようになるのではと。

ボトルフックの傾きは修正しましたが、この状態でマグカップを掛けても安定しません。

ボトルフックが長すぎて、斜めに傾きすぎてしまう。だから、この長い分を逆Uの字に曲げて短くすればいけるのではないか。

赤いラインになるように曲げてみたらうまくいく?

なので、今度無印良品でボトルフック(単品)を買ったら試してみようと思います。今の分はタンブラーやペットボトルの乾燥に使いたいのでこのままで。逆Uの字に曲げると、口が広いコップじゃないと入れられなくなってしまいます。

というわけで、使いづらいからボトルフック曲げてみた、でした。

プラスチックや陶器ですと形を変えるのは難しいですが、金属製は少しくらいなら自分で変形させることができます。しかもステンレスは表面にメッキや塗装も無いので、曲げても剥げることが無い。

使いづらいなら自分で使いやすくすればいい。自己責任ではありますが、こういったこともまた楽しい物です。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です